親から相続したマンションを売る場合

 

親族からの相続マンションを売る時の注意事項

 

親から相続したマンションを売る場合に、できるだけ高く売ろうと考えるのは当たり前のことですが、そのためにいくつか注意しなければなりません。対応の良い不動産会社の担当者に出会えば、この人に任せておけば安心だと感じてしまうかも知れませんが、不動産会社は常に売り手の立場になって考えてくれるのではないという点に注意しなければなりません。場合によっては自社の利益を優先することもあるからです。

 

これを理解するためには、不動産会社の利益構造を把握しておくことが必要です。不動産会社の利益の源泉は、仲介を行うことによって得られる仲介手数料です。この仲介手数料を支払うタイイングは、売買が成立したときです。不動産会社に相談していろいろなことを教えてもらったり、あるいは手続きを行ってもらったりしたとしても、売買が成立しなければ1円も支払う必要はありません。法律でこのことが定められていますから、不動産会社も料金を要求することはないでしょうし、もしも要求されれば法的に対処すれば良いだけのことです。しかし、この構造があるために、不動産会社はとにかく売買を成立させようというインセンティブが働くのです。買い手や売り手のニーズを満たすことができてもできなくても、売買を成立させないと利益を得られないのですから、これはあたり間のことです。

 

また、両手手数料という構造も知っておくべきでしょう。不動産会社は売り手と買い手との両方から仲介手数料を受け取ることができます。不動産会社が買い手を探してくれるのですが、そのときに別の不動産会社のお客さんが買い手になったときには、二つの不動産屋がそれぞれで仲介手数料を受け取ることになります。しかし、一つの不動産会社だけで売買が成立すれば、その不動産会社は仲介手数料を2倍受け取ることができます。そのため、ほかの不動産会社に情報を提供しようとせずに、何とか自社で取引を完結させたいというインセンティブが働くのです。それで価格が安くなることもありますから注意しなければなりません。どのような方法で買い手を探してくれるのかを、事前に確認しておきましょう。