不動産の売買ではトラブルが起こることもあります。

 

両手仲介って何か問題があるの?

 

マンションを売るときにトラブルに巻き込まれたくないと考える人は多くいるでしょう。両手仲介ではトラブルが起こったときに解決しにくいという傾向があります。不動産の売買に関するトラブルの多くは両手仲介だとも言われているのが現状です。

 

トラブル自体はどんな場合にも起こる可能性はあると言えるでしょう。売り手と買い手とが別々の不動産会社を利用していた場合、その不動産会社同士で話し合うことによって解決するケースが多いです。売り手側の不動産会社は売り手の立場になってくれ明日し、買い手側の不動産会社は買い手の立場になってくれますから、それぞれの立場で交渉が行われますから、それぞれの主張するところを公正に処理してくれる可能性が高いと言えるでしょう。

 

しかし、両手仲介の場合、不動産会社は買い手と売り手との両方がお客さんですから、中立な立場をとらなければならないのですが、完全に中立になるのはかなり難しいことだと考えられます。つきあいの長い方に有利な立場をとることもありますから、それがトラブルを大きくさせてしまう可能性があります。

 

では両手仲介は絶対的に悪いものなのかどうかと言うと、そうではありません。特に地方では取引が少なく、そのために不動産会社は両手仲介でないと経営が成り立たなくなることもあるのです。両手仲介を禁止した方が良い当意見もあるのですが、不動産会社の実情を考えると禁止することはできない状況にもあるのです。

 

マンションを売るときに相談する不動産会社が両手仲介をしていることによるメリットもありますが、デメリットは大きいと考えられます。ただ、最終的には売り手の立場になって考えてもらうことができれば良いわけですから、不動産会社の営業マンと信頼関係を築くことは大事なことだと言えるでしょう。問題点はありますが、それを解決するためには信頼関係が必須だと考えられます。