マンションを売るのか貸すのか迷ったときには、将来のことを展望して判断するのは良い方法です。

 

マンションを貸そうか売ろうか悩んだときには?

 

まず前提条件として、マンションは永遠にそのままではないことを知っておかなければなりません。建物ですからいずれは使えなくなるものですから、いずれは手放さなければならないものなのです。手放すことができれば良いのですが、手放すことができない最悪の状態になることもあります。というのは、保有するコストが関係しているからです。

 

土地を保有しているだけなら、固定資産税などの税金を支払うとともに、土地の管理を行っていれば良いだけですから、コストはあまりかかりません。しかし、マンションの場合には固定資産税などの税金とともに管理費を支払っていく必要があります。管理費の金額は管理組合の方針によって異なりますが、傾向としては古くなれば高くなります。

 

新築や築年数が経過していない物件であれば、管理費の金額はそれほど高くはありませんが、築年数が経過してくると管理費が値上げされることもあります。築何十年となっているマンションの場合には、修繕をするためのコストもかかりますから、管理が値上げされるのは自然なことでしょう。

 

築年数が経過して管理費が高い状態になれば、魅力的な物件とは言いにくくなります。このような状態になると売れないこともあります。売れなくても管理費や税金は支払い続けなければならないのです。貸すことにはこのようなリスクが付随するという点に注意しなければなりません。ただ、そのときに売るよりも賃料収入で稼ぐことはできますから、そのメリットを考えれば貸すという方法もありますが、いずれは売ることも考えるべきでしょう。

 

単純に考えるのなら、現在はマンションを持っていない状態で、そのマンションを買って稼ごうと思うのかどうかです。稼げるのなら買おうと思うのなら保有し続ければ良いですし、買うだけの価値がないと判断するのなら、その場で売るのが良いです。