マンションを売る場合には出来るだけ高く売りたいと誰もが思うものです。

 

他よりマンション査定金額が高すぎる不動産会社の場合

 

その為高い査定を出してくれることは素直に嬉しいものですし、その値段で売れてくれればよいと感じる人は多いでしょう。

 

しかし、実際には値段が高いほどマンションは売れにくくなります。これはマンションに限らず、どんなものにでもあてはまる商取引の単純な法則です。しかし、マンションの様な高額なものになると、なかなかその基本的なことが良く理解できず、不動産会社が言うのだから間違いないという気持ちが働いてしまいます。また一般の人にはなかなかその相場価格は分かる物ではありません。そのため高値がつくと嬉しものですが、これには不動産会社の大きな思惑が隠れていることも少なくないので注意が必要です。

 

不動産会社は物件を仲介する場合には仲介手数料分しか利益が有りませんが、高額な物件ほどその仲介手数料の割合は低く、自社で購入して売却したいと考えるものです。しかし、高額で買い取ったのでは高い利益を得ることが出来ません。その為、はじめに相場より高い査定を行い、わざと売れ残るように仕向けて価格を下げさせ、最終的には安い価格で買取自社で高値で売却することで大きな利益を得るということも行われているのです。

 

すべての不動産会社がこのようなことを行っているわけではなく、一部の悪質な不動産会社の例にはなりますがこのようなことも実際には行われているため、高すぎると感じるマンション査定には注意が必要です。

 

これを避けるためには、自分で近隣のマンションの相場価格をチェックすることと、不動産会社のマンション査定を全面的に信頼しないことです。できれば数社に査定してもらい、各社の査定金額を比較することも必要です。また、査定金額に関してはその根拠をしっかりと説明してもらうことも重要です。不動産会社を選ぶ際には大手だからとか優良な不動産会社だからということで一社に固定せず、複数社の査定を受けて適正な価格で査定してくれる会社を選ぶことが大切です。