マンション売却の仕方と売るときにどれくらい費用がかかるのかについて説明させていただきます。

 

マンションを売る際に必要となってくる費用について

 

マンション売却には様々な種類の費用がかかりますので、どのような費用があって、いつ誰にいくらくらい払わなければならないのかを知っておく必要があります。

 

まずは費用の明細別に列挙します。

 

・契約書の印紙代・・・5000万円以内の売却であれば15000円。
・不動産屋への仲介手数料・・・売却金額の3.15%+63000円。
・住所変更登記・抵当権抹消の司法書士費用・・・概ね40000円。
・住宅ローンの残債・・・金額は個々別々。

 

ここまでは、ほぼ定額の必要経費です。このうち、契約書の印紙代以外は売却が決定するまでは必要のない費用で、買主からお金を受け取ってから精算しますので、売却前に必要な経費はこの印紙代15000円のみということになります。
その他にも

 

・リフォーム代・・・クロス交換や電気系統までリフォームして50〜80万円。
・引越代・・・量や距離にもよりますが10万円くらい。
・清掃・クリーニング代・・・プロの業者に依頼すると5〜10万円。
・鍵交換・・・これもピンキリですが、2〜3万円。

 

といった実費がかかってきます。

 

では肝心の買主からの購入金はいつどのように入るのか。買主が住宅ローンを組んで購入する場合、まず売買契約を締結します。その後審査を経て、銀行担当者との決済に入ります。その間、おおよそ1ヶ月くらいです。この決済の際に不動産業者へは仲介手数料、司法書士へは書類作成報酬、銀行へは住宅ローンの残債の精算というのが手続きと費用発生の流れになります。

 

つまりは、15000円だけ用意すれば売りに出すことは可能です。その他は、売却額から精算すればいいのです。必要経費はこれだけです。しかし、当然のことですが、マンションが売れる価格と売主の住宅ローンの残債とのバランスによって損益費用は異なってきます。マンションの売却額から住宅ローンの残債と上記の費用を差し引いてどれくらいの額になるかを考えて価格設定や売却時期を決定するかが肝要です。