マンションを売るときに大事なことの一つが査定価格です。

 

住宅ローンの支払いが難しいことが理由でマンションを売る場合

 

査定価格というのは、仲介業者が査定した価格を指します。仲介業者が買取ってくれるのではなく、これくらいの価格で売れるだろうという予想される価格が査定価格です。ですから、その価格で売れるという保障があるわけではなく、実際にはそれよりも高かったり安かったりすることもあります。その意味ではあまり信頼できないものだとも言えるでしょう。ただ、これが銀行に提示する資料として必要となります。

 

売却した代金で住宅ローンの残りを支払うことになりますから、もしも売れる価格があまりにも安いと、銀行としては売却に応じてくれないでしょう。完済できるくらいの金額が提示されていれば、銀行は売却に応じてくれるのです。そのために、できるだけ高い査定価格を提示してもらうことが必要となります。

 

銀行が応じてくれないと、住宅ローンの支払い途中のマンションを売ることはできません。その理由は抵当権が設定されているからです。銀行が住宅に対して抵当権を設定していると、その銀行が抵当権を抹消してくれないと売却することはできません。ですから、銀行が応じてくれなければ売却はできないのです。

 

銀行が応じるかどうかの判断は、住宅ローンとして融資した資金を銀行が回収できるのかどうかです。もしも融資した金額を回収できるのであれば応じてくれるでしょう。しかし、実際にどれくらいの金額で売却ができるのかを、銀行は判断ができません。仲介業者は不動産の売買のプロですから、仲介業者が提示した査定価格なら信用ができるでしょう。

 

このようなことから、住宅ローンの残っているマンションを売るときには、仲介業者の査定価格が必要となります。ですから、査定をしてもらう仲介業者を選ぶことは大事なことの一つだと言えるでしょう。高い査定価格を提示してもらうことは、高く売れるかどうかを判断するために大事なことなのですが、銀行に応じてくれるためにも必要です。