マンションを売るときの不動産会社選び

 

マンションを売る際の不動産業者には選び方がある?

 

マンションを売るときの不動産会社選びでは、大手の不動産会社か地域密着型の不動産会社かを選ぶことがまず必要となります。というのも、マンションを売るときには専任媒介契約は専属専任媒介契約を結ぶのが普通だからです。専任媒介契約や専属専任媒介系客を結ぶことができるのは一つの不動産会社だけで、それ以外の不動産会社とは契約を結ぶことはできませんし、ほかの不動産会社から買い手を紹介してもらうことはできません。ですから契約を結ぶ不動産会社を良く選ぶことが必要なのです。ではどちらを選ぶのが賢いのでしょうか。

 

これはケースバイケースだと言えるでしょう。マンションの場合には、物件による個別性というのはやや薄くなります。一戸建て住宅は個別にいろいろな違いがあるのですが、マンションは取引が活発に行われていますし、価格の算出も確立されていますし基準もあります。この点を考慮すると、地域密着型の不動産会社のメリットはあまりないと考えられます。地域密着型の不動産会社は、その地域の情報に詳しいことでしょう。ですから、少し特殊な物件の売買を行いたいと思ったときには適しているのですが、マンションの場合にはそのメリットはあまり大きくないのです。

 

マンションを売るときには、買い手をどれだけ見つけられるのかがポイントとなります。買い手が多くいれば、高い価格で買ってくれる人が現れる可能性が高くなります。この点を考えた場合には、大手の不動産会社の方が適していると考えられます。情報のネットワークの面では大手の方が優れていると言わざるを得ないでしょう。

 

ただ、これもあくまで一般的な傾向ですから、物件によっては地域密着型の不動産会社の方が優れているケースもあります。まずは両方の不動産会社に相談をしてみると良いでしょう。すぐに契約を結ぶのではなくて、いろいろなことを教えてもらって、良い方を選ぶのも良い方法です。急いでいなければ、契約期間が切れたときに、別の不動産会社と契約を結ぶという方法もあります。