マンションを売るときの仲介と買取の違いは単純で、誰が買うのかと言うことです。

 

マンションを売るなら買取?仲介?どっちがイイの?

 

マンションを売るときには、不動産会社に相談することになるでしょう。このときに、不動産会社に買い手を探してもらうのが仲介で、不動産会社が買うのが買取です。

 

不動産会社のスタンスによって仲介を好むか買取を好むかの違いはあるのですが、多くの不動産会社は仲介によって経営を成り立たせていると言えるでしょう。ですから、普通に不動産会社に対してマンションを売りたいと言えば、買い手を探してくれて、その買い手との間で売買を行います。不動産会社に対してはそのときに仲介手数料を支払うという形になります。

 

仲介の場合には、不動産会社と取引をするのではありませんから、契約を結んでもその時点で売れる価格は分かりません。買い手が見つかって、買い手との間で交渉を行って、最終的に買い手との間で合意が成立してからやっと価格が決まるのです。

 

それに対して買取の場合には不動産会社が直接買ってくれますから、不動産会社と契約を結ぶことになります。不動産会社が提示した価格で取引を行うことになるのですから、その時点で価格は確定します。価格の面ではこのような違いがあります。

 

では、どちらが良いのかというと、これはケースバイケースでしょう。例えば、どうしてもある時期までに売らなければならないという状況の時には、不動産会社に買取ってもらった方が良いです。マンションを売ると同時に別の物件を買うというケースであれば、代金の決済もありますから期日が決まっています。この場合、不動産会社に買取ってもらった方が確実です。

 

ただ、不動産会社が買取るときには、安くなることが多いです。仲介であれば高い価格で買取ってくれる買い手が現れる可能性もありますが、買取の場合にはその可能性を否定することになります。急いでいるときなど、何らかの事情があるときには買取が適していますが、そうではない場合には仲介の方が有利なケースも多いです。