マンションを売るときにの不動産業者を選ぶ際には、多くの人は査定を依頼することになるでしょう。

 

マンションを売るにはます仲介業者との媒介契約が必要?

 

このときに、特定の不動産会社のみを利用するのではなくて、いくつかの不動産会社に査定を依頼するのは良い方法です。なぜかと言うと、不動産会社はそれぞれで営業の方針が異なるからです。業者の考えていることに左右される可能性があります。その不動産会社が売買をしやすいような取引を進められると考えれば分かりやすいでしょう。売り手にとって多少不利になったとしても、安価格を提示してできるだけ早く取引が成立するようにしたいと考える業者も多くあるのです。ですから、一括査定のサービスなどを利用して、複数の不動産会社の査定を利用するようにしましょう。

 

その際に、あまりにも高い価格やあまりにも安い価格を提示してくれる不動産業者とは契約を結ぶべきではありません。安い価格を提示してくる業者と付き合わない方が良いというのは、これは誰が考えても分かることでしょう。高い価格を提示する不動産会社もできるだけ避けた方が良いのです。というのも、査定価格というのは、売れる価格ではないからです。不動産会社が、その価格で売れるだろうと予想している価格であって、その価格で売ることを保障しているのではないという点に注意が必要です。

 

中には悪質な営業をする業者もあって、自社と契約をさせるために相場よりも高い価格を提示することもあります。相場より高い価格を提示すれば、もちろん売りにくくなります。そして、売れない状況になってから値下げすることを提案してきます。結局は安い価格でしか売ることができなかったと言うことになる可能性もあるのです。業者としては、売り手の利益よりも自社の利益を優先するのは自然なことでしょう。

 

ですから、複数の不動産会社の査定を利用して、あまりにも高い価格を提示している不動産会社とは契約を結ぶべきではなく、相場通りの業者を利用するのが良いです。