売りたいと思ってすぐに売れるマンションもあるが・・・

 

【マンションを売る前の査定ガイド】いくらで売れる?

 

自分で住むために購入したマンションも、状況や家族構成の変化などで売りたいと思う時が来ることは珍しくありません。
しかし、売りたいと思ってすぐに売れるマンションがあれば、売りに出してからずっと売れ残っているマンションもあります。
この差は一体何なのでしょうか。

 

まず、同じエリアで同じ作りの物件であれば、勿論価格が安いほうが早く売れますね。
中古の物件を買いたいという人は、エリアと価格を重視しています。
同じ間取りで同じ広さなら、価格が安いほうがいいに決まっています。

 

ということは、既にたくさん同規模のマンションが近くにあると、なかなか売るのが難しいということになりますね。
価格が同じであれば少しでも新しいほうがいいので、築年数が古いほどますます売れなくなってしまいます。
このような悪条件だと、思い切った値下げが必要になるかもしれません。
また、築年数が新しくても人気のないエリアだと、もっと売るのが難しいですね。
もともと人気のないエリアなので、購入するときも価格が結構安かったはずです。
これをもし売ろうと思うなら、利益はあまり考えずに売ることです。

 

ただ、購入した時は安かったけれど、その後そのエリアが人気が出て物件価格が高騰することは十分に考えられます。
反対に、購入した時は人気だったけれど、売りたい時には人気が無くなっているということもしかりです。
購入するときは大抵売却することなんて考えないものですが、もしものときは売り時を間違えないことが重要ですね。
それから、マンションには管理費と修繕費があり、これは物件によって違うことも影響しています。
管理費修繕費がとても高い物件は、住宅ローンに加えて支払う額が跳ね上がるので、なかなか買い手がつかないものです。
この部分に関しては自分で決められることではないので、最初に購入するときに管理費等が高額な物件はよく考えて購入することですね。

 

ただ、そこが人気のエリアであればいくらこういった諸費用が高くても買い手はつくようです。

マンションを売るときに注意すべき点

 

【マンションを売る前の査定ガイド】いくらで売れる?

 

マンションを売るときに気をつけなければならないことの一つが、不動産会社がどんな広告活動を行ってくれるのかです。一般的にはチラシによる宣伝や新聞折り込み広告、情報誌やフリーペーパーへの情報登録、ネットでの広告活動などがあります。また、レインズへの登録や現地の看板設置などがあります。

 

最近ではインターネットを活用してマンションの情報を得ている人がたくさん利ます。インターネットに掲載するメリットは、印刷物などを作るよりもコストが安いことだと言えるでしょう。低コストで多くの人に対して情報を提供できるというメリットがあるのです。そのため、インターネットの情報サイトには様々な情報が提供されています。

 

しかし、インターネットでの情報掲載によって多くの人に知られてしまうと言うことがデメリットと感じる人もいます。例えば、近所の人に知られてしまうのを嫌がる人も多いのではないでしょうか。近所の人に知られてしまうのは嫌だと感じる人は多く、その場合にはインターネットに情報を掲載するべきではないでしょう。ほかにも例えばオープンルームを開催するといった場合にも近所の人に知られてしまう可能性がありますから注意しなければなりません。

 

チラシや新聞折り込み広告を利用した広告活動を行っている不動産会社も多くあります。物件を探している人の中には年配の方も多くいて、年配の方はインターネットよりもチラシや新聞折り込み広告を利用する傾向があります。これらの方法では、配布するエリアを選ぶことができるなどのメリットもあります。

 

不動産会社は独自のネットワークを持っていることも多いです。不動産業界の情報流通の仕組みとしてレインズがありますが、それとは別に自社でネットワークを持っている不動産会社もあります。大手なら自社のネットワークがありますし、大手でなくても提携や系列によってネットワークを構築していることも多いです。このようなネットワークを持っているかどうか確認しておくことも大事です。

 

マンションを売却する前にチェックしたいサイト

自分が現在そこに住んでいるという状態であっても、そのマンションを売ることはちゃんとできるのです。

 

【マンションを売る前の査定ガイド】いくらで売れる?

 

もちろん、そうした場合には、次に住むための転居先を確保しておくことが必要なのは言うまでもないことですが、現在自分がそのマンションに住んでいるからといって、それを売ることができないというわけでは全くありません。

 

こうした場合には、内覧といって、マンションを購入したい人に売主が住んでいる住居内を見てもらい、それが希望にかなった物件であるのかどうか、じっくりと確認してもらうといったことが一般的に行われているのです。

 

この内覧の際には、そこに住んでいる売主の対応がとても重要になってくるわけで、売主の対応で内覧に訪れた人たちに気持ちよく住居内を見てもらうことができた場合には、購入希望者は売主にも物件にも好印象を持つことになって、それがマンションの購入につながるといった場合も少なくはないのです。

 

実際にも、こうした内覧によって、まだ売主が住んでいる状態であるマンションを売ることができた、といった事例はちっとも珍しいことではありません。

 

また、こうした際には売買の仲介に当たる不動産業者が売主にいろいろとアドバイスを行って、購入希望者が内覧に訪れた際にはどのように対応すればいいのか、といった応対のし方を具体的にガイドしている場合もあります。

 

不動産業者にとっては、その売買取引が成立することで仲介手数料が入ることになるわけですから、その取引が上手く成立するように、住んでいる売主にいろいろと役に立つアドバイスを行うというのは、ごく当然の営業活動ということになるわけです。

 

この内覧に際しての売主の対応策としては、まず隅々まで掃除をして住居内を清潔にしておき、室内は綺麗に整理整頓をして乱雑な印象やだらしのない印象を与えないこと、余計なものはちゃんと処分しておくこと、といったように準備をしておくことです。

 

その上で、内覧者が実際に来訪した際には、気持ちよく応対して見たいところはどこでも見て欲しい、というように親切に案内を申し出るようにする、といった応対をすることになります。

何か特別な事情がない限りは、マンションを売るときには仲介業者を利用するでしょう。

 

【マンションを売る前の査定ガイド】いくらで売れる?

 

その仲介業者をどうやって選んだら良いのかというのは大きな問題となりますが、結局のところは利用してみないと分からないというのが実情です。だいたい相場くらいで売ることができれば良いと考えるのなら、どこの営業マンに相談してもあまり違いはないのですが、相場よりも高く売りたいと考えているのであれば、営業マンを選ぶのには時間をかけた方が良いです。

 

まず、高く売った実績があるのかどうか確認してみるべきでしょう。あると答える営業マンは多くいるでしょうが、その際にどれくらい高く売ったのかが問題となります。経験が豊富であれば、3,000万円の相場の物件を3,005万円で売ったことくらいはありえるでしょう。ですから、相場よりも高く売ったことがあるというだけの営業マンには注意しなければなりません。どれくらい高く売ったのかが最も大事なポイントとなります。

 

100万円高く売るのはかなり大変なことだと言わざるを得ません。それなりに戦略がないと実現不可能だと言わざるを得ないでしょう。例えば自社のネットワークが優れていたり、広告活動に長けていたりすることもあります。高く売ることができる理由を尋ねてみて、それに納得できる答えが得られないのなら注意しなければなりません。

 

営業マンにはノルマもあるでしょうし、不動産会社として利益を出していかなければならないという理由もあるでしょうから、実際には相場通りでしか売れなかったとしても、高く売ることができると宣伝をするのは自然なことです。実際に高く売れるのならそれに問題はないのですが、売れないにもかかわらずこのように宣伝をしている営業マンには注意しなければなりません。中古のマンションの取引は営業マンにすべて任されていることが多いですから、不動産会社の方針よりも営業マンの実績について確認しておく必要があります。

お役立ちホームページ